チリの地震 - ハインリヒ・フォン・クライスト

クライスト ハインリヒ チリの地震

Add: dyxalim62 - Date: 2020-11-22 04:05:04 - Views: 4830 - Clicks: 963

Pontaポイント使えます! | チリの地震 | ハインリヒ・フォン・クライスト | 発売国:日本 | 書籍 || HMV&BOOKS online 支払い方法、配送方法もいろいろ選べ、非常に便利です!. 『チリの地震 クライスト短編集』(ハインリッヒ・フォン・クライスト)の販売ページです。. ハインリヒ フォン・クライスト『チリの地震―クライスト短篇集』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約12件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。. ハインリヒ・フォン・クライストによる物語「チリの地震」(10) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9. サンティアゴの青年イェローニモは、裕福な貴族の娘であるヨゼーフェの家庭教師をしていた。彼らは互いに愛し合うようになるが、身分違いの恋愛に怒ったヨゼーフェの父親によって引き離され、ヨゼーフェは修道院に入れられる。二人はその後も密かに逢引を重ねるが、聖体の祝日に行われる尼僧の行進のさい、ヨゼーフェが陣痛を起こしカテドラルの大階段でくずおれるという事件が起こったことにより密通が発覚する。この出来事は神を冒涜するものとして都市中にセンセーションを起こし、二人はそれぞれ投獄され、ヨゼーフェは裁判を経て死刑が決まる。この知らせを獄中で知ったイェローニモは絶望し、綱で首をつって自死しようとするが、今まさに首をつろうという瞬間に大地震がおきる。 この地震によって牢獄が倒壊し、イェローニモは偶然うまく脱出することができたが、街は壊滅状態に陥っていた。イェローニモは瓦礫の街をヨゼーフェの姿を求めて放浪し、まもなく谷間の泉のほとりで乳飲み子フィリップを抱いたヨゼーフェと再会する。彼女もまた死刑執行の直前に地震によって命拾いし、さらに好意的な僧院長の助けで生まれたばかりの子供を救い出し避難することができたのだった。二人は幸運を喜び合い、幸福のうちに谷間で一夜を過ごす。翌日、彼らは同じく谷間に避難していた貴族ドン・フェルディナンドの家族と親しくなる。二人は先の密通事件などなかったようにこの家族に受け入れられ、また谷間のそこここでは、避難民の間に身分や貧富の差を越えた助け合いの光景が現われていた。 二人はこうした経緯に感激し、神への感謝を表すためにも、その日地震の被害を唯一免れたドミニコ教会で行われるミサに参加することに決める。しかしその教会で行われた高位聖職者の説教の内容は、この地震が市の道徳的退廃に対する神の怒りであると説くものであった。この説教の最中、イェローニモとヨゼーフェは興奮した聴衆に発見されて無残に打ち殺され、二人を助けようとしたドン・フェルディナンドも、暴動の巻き添えで義妹と生まれたばかりの自分の子供を失ってしまう。しかし若い二人の子供フィリップは助け出され、フェルディナンドは妻エリーザベトとともに、この遺児を失った子供の代わりに育てることに決める。. チリの地震 クライスト短篇集 新装版/ハインリヒ・フォン・クライスト(河出文庫:河出文庫)のhontoレビュー(感想)ページです。本の購入に役立つ評価やみんなのレビュー(感想)情報が満載。書店で使えるhontoポイントも貯まる。. チリの地震 ハインリヒ・フォン・クライスト チリの地震 - ハインリヒ・フォン・クライスト Heinrich von Kleist ドイツ 種村季弘:訳 王国社 クライスト本人が破滅へと突き進んだ人生を生きたように、ここに登場する人物もみな奈落へのくだり道をひたすらに駆けているようだ。.

チリの地震 - ハインリヒ・フォン・クライスト - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. ハインリヒ・フォン・クライスト『チリの地震』 岡本雅克 1.はじめに 西洋哲学において,偶然は理性に対立するものとして不当に貶められてきた。 近代にあっても,スピノザ()は,「ある物が偶然と呼ばれるのは,. クライスト,ハインリヒ・フォン(クライスト,ハインリヒフォン/Kleist,Heinrich von) 1777‐1811。ドイツの文学者。激しい生涯の果て、34歳で女性を射殺して自らも拳銃で自殺 種村 季弘(タネムラ スエヒロ) 1933‐。.

著者 ハインリヒ・フォン・クライスト 著 ; 種村季弘 訳 出版社 王国社; ページ数 206p; サイズ 20cm; ISBN; 状態 並下; 解説 カバー、本体とも小シミ、小ヤケ、小汚れ有。帯付き。 初版; マスターID:1912137 初版刊行年:1990. 「チリの地震 クライスト短篇集」の購入はbookfanプレミアム店で!:bk:チリの地震 クライスト短篇集 / ハインリヒ・フォン・クライスト / 種村季弘 - 通販 - Yahoo! 絶後の名品「チリの地震」他、天災/人災を背景にした. チリの地震 ハインリヒ・フォン・クライスト 著 ; 種村季弘 訳 若くして一女性と拳銃心中を遂げたドイツ・ロマン派の先鋭クライストの代表的作品を種村季弘の名訳で織り上げる。. ハインリヒ・フォン・クライストによる物語「チリの地震」(11) (1) (2) (3) (4) (5) (6) (7) (8) (9. 書名:チリの地震―クライスト短篇集 著者:ハインリヒ・フォン・クライスト 訳者:種村 季弘 出版社:河出書房新社 ページ数:238 おすすめ度: ★★★ ☆☆.

チリの地震 クライスト短篇集 新装版 (河出文庫) 著者 ハインリヒ・フォン・クライスト (著),種村 季弘 (訳). 絶後の名品. jp:T23:40:34Z 00055:00191:00190.

チリの地震 クライスト短篇集 - ハインリヒ・フォン・クライスト/著 種村季弘/訳 - 本の購入はオンライン書店e-honでどうぞ。書店受取なら、完全送料無料で、カード番号の入力も不要!お手軽なうえに、個別梱包で届くので安心です。. 「チリの地震」(独: Das Erdbeben in Chili )は、クライストの短編小説。 1807年、コッタ書店の『教養人のためのモルゲンブラット』紙に「イェローニモとヨゼーフェ 1647年のチリの地震からの一情景」の題で初出、その後改題と校正のうえで1810年に『小説集』第一巻に収録された 。. 大宮勘一郎、橘宏亮、西尾宇広、R・クリューガー、G・ノイマン、W・ハーマッハー、H・ベーメ 著 大宮勘一郎、橘宏亮、西尾宇広 編訳 定価:本体4,400円+税 四六判上製 364頁 ISBN年3月19日書店発売. Amazonでハインリヒ フォン・クライスト, von Kleist, Heinrich, 季弘, 種村のチリの地震―クライスト短篇集 (河出文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。. チリの地震 クライスト短篇集 新装版/河出書房新社/ハインリヒ・フォン・クライスト (文庫) 中古ならYahoo!

チリの地震 : クライスト短篇集 ハインリヒ・フォン・クライスト著 ; 種村季弘訳 (河出文庫) 河出書房新社,. チリの地震―クライスト短篇集 (河出文庫) 作者: ハインリヒフォン・クライスト,Heinrich von Kleist,種村季弘; 出版社/メーカー: 河出書房新社; 発売日: 1996/10; メディア: 文庫; 購入: 5人 クリック: 68回; この商品を含むブログ (17件) を見る. ハインリヒ・フォン・クライスト 著 ; 種村季弘 訳 、河出書房新社 、1996年、初版 、238頁 、15cm 、1冊 三方ヤケ、地角汚れ有 カバースレ、角折れ有.

See full list on weblio. チリの地震 クライスト短篇集 河出文庫 - ハインリヒ・フォン・クライストのページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。. 偶然性の表出 : ハインリヒ・フォン・クライスト『チリの地震』 岡本 雅克 言語と文化 (13), 147-159, -01.

チリの地震新装版 - クライスト短篇集 - ハインリヒ・フォン・クライスト - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. Amazonでハインリヒ・フォン クライスト, 季弘, 種村のチリの地震。アマゾンならポイント還元本が多数。ハインリヒ・フォン クライスト, 季弘, 種村作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 『チリの地震 クライスト短篇集』(種村季弘・訳、河出文庫)。ハインリヒ・フォン・クライスト(1777~1811)は、今年没後200年を迎えるドイツ文学の作家で. ハインリヒ・フォン・クライスト ハインリヒ・フォン・クライストの概要 ナビゲーションに移動検索に移動ハインリヒ・フォン・クライストHeinrich von Kleist誕生ベルント・ハインリッヒ・ヴィルヘルム・フォン・クライストBernd Heinrich Wilhel. クライスト,ハインリヒ・フォンクライスト,ハインリヒフォンKleist,Heinrich von 1777‐1811。ドイツの文学者。激しい生涯の果て、34歳で女性を射殺して自らも拳銃で自殺 種村季弘タネムラスエヒロ. ハインリヒ・フォン・クライスト(Heinrich von Kleist、1777年 10月18日 - 1811年 11月21日)は、ドイツの劇作家、ジャーナリスト。 直情奔放で極端に走る性格は当時の社会と馴染まなかったが、その作品は20世紀に入ってから評価が高まり、現代ではドイツを代表する劇作家の一人に数えられている。. クライストの本領は戯曲とされていますが、本書には6編の短編小説と2編のエッセイが収録されています。 クライストの小説は8短編あるんですけど、そのうち長いもの2つが省かれてしまっているのが、ちょっと勿体ない。.

十七世紀、チリの首都サンチャゴで引き裂かれたままそれぞれ最後の時をむかえようとしていた男女がいた. 6 ISBN:. 書簡類などの資料から、この作品は1806年の秋に執筆されたものと推測される。クライストが史実のチリの地震に関する詳しい情報をどのような資料から得たのかは不明であるが、実際には夜中に起こった地震を日中の出来事に変えるなど史実をかなり大胆な変更しており、研究者のなかには史実の地震はたんに作品執筆のきっかけに過ぎなかったと見なすものもいる。 作品の直接の素材となっているこの地震とともに作品成立の背景をなしているのが、1755年に起こったリスボンの大地震である。ヨーロッパに未曾有の被害をもたらしたこの災害は当時の西洋思想界に多大な影響を及ぼしており、ことに神への信仰との関係をめぐり様々な思想家によって論争が交わされた。クライストが一時「カント危機」と呼ばれるほど多大な精神的影響をうけたイマヌエル・カントは、リスボン地震の1年後、『地震の注目すべき出来事の歴史と自然記述』と題する著作を発表している。その中には、地震に対する人々の恐怖や驚愕を十分な想像力を持って小説に描くことができれば、それは人々の心を動かすだろうし、ことによっては人心の良化向上に役立つだろう、と述べた一節があり、おそらくこれがクライストの作品執筆のきっかけになったのだろうと推測されている。 この小説はまたフランス革命のアレゴリーとしても捉えられている。作中では大地震によって僧院や牢獄といった権威を象徴する建物が崩壊し、非難した人々の間で身分の格差のない一種のユートピア的な社会がつかの間実現するが、間もなく教会での高位聖職者の説教と暴動によって、地震以前の秩序の回復が試みられる。これらの経過は革命による旧体制の崩壊と平等な社会の実現、それに続く旧秩序の回復(王政復古)という、フランス革命が辿った経過と照応している。作品の執筆が行われた1806年時点では王政復古までは進行していなかったが、フランス革命を批判的に捉えていたクライストの革命の行く末に対する考えを反映した作品と見ることができる。. ハインリヒ・フォン クライスト『チリの地震』の感想・レビュー一覧です。ネタバレを含む感想・レビューは、ネタバレフィルターがあるので安心。読書メーターに投稿された約6件 の感想・レビューで本の評判を確認、読書記録を管理することもできます。.

T14:15:01Z action=repository_oaipmh oai:tokoha-u.

チリの地震 - ハインリヒ・フォン・クライスト

email: avowar@gmail.com - phone:(145) 955-3470 x 1662

フォト・ポージング図鑑 - 我妻ジュン - ハンドブック 褥瘡ケア

-> 応用生物学の基礎 - 板垣博
-> 自己に向けられた完全主義の心理学 - 大谷保和

チリの地震 - ハインリヒ・フォン・クライスト - 渡邉早苗 臨床栄養学概論


Sitemap 1

四億円当てた勇者ロトと俺は友達になってる - 新木伸 - 福原義春 ぼくの複線人生